Big Questions in Crypto: 環境への影響とは?

Chat With Us
Thanks for your interest! We'll be in touch shortly.
Oops! Something went wrong while submitting the form.

この記事は、「Big Questions in Crypto」シリーズの一環として、暗号資産が幅広く受け入れられるようになるにつれ、政府や金融機関が直面する差し迫った問題について考察しています。

暗号資産は、金融のパラダイムを変えようとしています。すでにこのテクノロジーは、世界中のアーリーアダプターが革新的な新しいビジネスモデルを考案したり、不安定な状況下で貯蓄を維持したり、国境を越えて資金をより簡単に送ったりするのに役立っています。最近は、暗号資産の価値が急激に上昇しています。これは、金融機関が暗号資産に関し、マクロ経済で懸念する動向に直面したときの、安全な資産避難先としての可能性を認識したからです。

しかし、私たちは、暗号資産の有用性と気候変動などの、世界が抱える問題とのバランスを考えなければなりません。最近では、エコシステム全体を動かすマイニング活動に大量のエネルギーが必要であることから、暗号資産の環境への影響を疑問視する声が多く聞かれるようになりました。このような疑問は、最近の暗号資産の高騰を支えてきた主流の金融機関にとっては特に重要です。これらの金融機関は、今日の多くの大企業と同様に、気候変動の危険性を認識し、より持続可能なビジネスモデルに投資することを目指しています。しかし、これらの誓約が、大量のエネルギー消費を必要とするテクノロジーと両立するかどうかについては、多くの人々が当然のことながら疑問を抱いています。

しかし、暗号資産の支持者たちはこれに反論し、マイニング事業者(マイナー)は他の方法では使われないエネルギーを利用することができ、長期的にはマイナーの活動がグリーンエネルギーへのさらなる投資の動機となる可能性もあると主張しています。以下では、暗号資産の環境への影響をめぐる懸念と反論について説明します。

暗号資産の環境への負荷: マイニングには多くのエネルギーが必要

暗号資産のネットワークは膨大なエネルギー消費を必要とするという単純な事実は否定できません。これは、マイニングという重要なプロセスのためです。暗号資産のマイナーは、ブロックチェーンに記録された過去の取引を検証することで、ブロックチェーンが暗号資産の過去の活動を示す永続的不変的な台帳であることを保証し、新たな取引を可能にします。マイナーは、このサービスの対価として、新しいブロックの検証に成功するたびに、報酬として暗号資産を受け取ります。

報酬の観点から、暗号資産の検証作業のプロセスで、マイナーは膨大なコンピューティングパワーを必要とする複雑な数学的問題をいち早く解くために競争します。暗号資産ネットワークにとって、強固なマイニング競争は非常に重要です。1人のマイナーがハッシュレート(ブロックチェーン上でマイニングに使用されている計算能力の総計)の半分以上を支配してしまうと、新しいトランザクションの検証を拒否するなどしてネットワークの整合性を損なうことができてしまいます。マイニングは、ブロックチェーンを稼働させるためのインセンティブを参加者に与える巧妙な方法ですが、残念ながらエネルギー使用量が多いというインセンティブにもなってしまいます。それを回避する方法はありません。

予想通り、暗号資産が高価になるにつれ、マイニングの競争率は時系列で上昇する傾向にあります。ここでは、最も人気のある暗号資産であるビットコインに焦点を当てます。


Blockchain.comによると、ビットコインは2021年4月中旬にピーク時のハッシュレートが172M THに達し、2016年1月に比べて233倍になっています。マイニング競争が激化するにつれ、それに伴うエネルギー消費量の増加に注目する声が多く聞かれるようになりました。BBCは最近、ビットコインネットワークが年間121.4TWhの電力を消費していると報じました。これは、アルゼンチンのエネルギー消費量を上回り、ノルウェーのそれを下回る、世界で29番目にエネルギー消費量の多い国になることを意味しています。

この数字を見て、多くの人が、持続可能性に配慮しながら暗号資産に投資することは可能なのかと疑問を抱いています。

しかし、それで全てなのでしょうか?暗号資産は環境にプラスになると主張する人もいます。

暗号資産の支持者たちは、この技術が環境に破壊をもたらすという主張に反発しています。例えば、Castle Island VenturesのパートナーであるNic Carterは、ビットコインの環境への影響に関するいくつかの主張に反論する記事を書いています。この記事では、ビットコインの価格が上昇すると、より多くのエネルギーを消費しなければならなくなるという意見を含め、ビットコインの環境への影響を指摘しています。金(ゴールド)の価値が上がれば、金の採掘活動も活発になり、それ自体が環境に悪影響を与えることになります。他の人々も同様の比較論を展開し、なぜ暗号資産は、エネルギー消費が当たり前の他の産業とは異なる扱いを受けなければならないのかと問いかけています。哲学的な質問としては正しいのですが、金融の未来として暗号資産を宣伝している者は金の採掘よりも高い環境基準を満たすべきであると、多くの人は主張します。

しかし、それ以上に説得力があるのは、エネルギー消費のシナリオそのものに疑問を呈する人々で、暗号資産は長期的には環境に中立、あるいはプラスの影響を与えることができると主張しています。例えば、暗号資産のマイナーは、他の方法では使用されないエネルギーを利用できると多くの人が指摘しています。Nic Carterは、中国の最大の暗号資産マイニング地域を例に挙げて、この点を上記で引用した同じ記事で取り上げています。これらの地域のマイナーは、水力発電に頼っています。水力発電所は、人口の少ない田舎にあることが多く、人口の多い地域に運ぶことができないほどの電力を生産しています。暗号資産のマイナーは場所を選ばないため、水力発電所の近くで活動し、生産されていても使用できない余剰電力を利用することができます。

四川省や雲南省では大量の水力発電が行われており、人口密度の高い東部の地域に移すことができない。Credit: Nic Carter at Medium.

Carterは、メタンのような天然ガスでも同じことができると指摘します。メタンは石油採掘の際に発生する副産物ですが、コスト的に輸送できないため、通常はフレアリングと呼ばれる現場での燃焼処理か、大気中に放出されます。どちらも汚染の原因となりますが、単にメタンを放出するよりはるかに少ないと言えます。しかし、ビットコインマイニング事業者は、石油採掘現場に事業所を設置し、メタンを電力として利用することで、さらに汚染の少ない方法でメタンを生産的に利用することができます。毎年排出される天然ガスの量は、ビットコインネットワーク全体を動かすのに十分すぎるほどで、EZ Blockchain社Crusoe Energy社などのマイニング企業がすでに活用しています。

これらの議論は、ビットコインが「バッテリー」であるという考えの基礎となっています。マイナーは実際に余剰エネルギーを蓄えることはできないので、この比喩は文字通りではありません。しかし、マイナーはこのエネルギーを流動資産である暗号資産に効果的に変換することができます。暗号資産は世界のどこにでも送ることができ、ドルに交換することもでき、さらにはエネルギーグリッドの改善やグリーンエネルギープロジェクトに再投資することもできます。ノルウェーのエネルギーコングロマリット、Aker ASAのトップであるKjell Inge Rokke氏は、需要が十分でない地域で生産されたエネルギーを利用するグリーンビットコインマイニングプロジェクトを立ち上げる計画を発表した際に、まさにこのように主張しました

Square社は、ビットコインの環境への影響に関する最近のホワイトペーパーで同様の主張をしています。その中では、マイナーが太陽光や風力発電を利用する方法に焦点を当てています。Square社は、過去10年間で太陽光発電は90%、風力発電は71%も価格が下がり、化石燃料よりも安くなったと指摘しています。しかし、問題は、太陽や風が出ているときにしか発電できないため、多くの顧客にとっては実用的ではなく、人々が電力を必要とする時間帯とは一致しないことが多いということです。しかし、マイニングは昼夜を問わず稼働しているため、そのような需要の不一致はほとんど影響しません。

Square社は、暗号資産のマイニングを取り入れることで、太陽光発電や風力発電の設備の収益性が高くなる結果、それらが投資家にとっても魅力的なものとなり、より多くの設備が建設されるようになると主張しています。その結果、風力やソーラーがさらに安価になり、より収益性の高い環境に優しい暗号資産マイニング活動が促進され、フライホイール効果で、全エネルギーのうちソーラーや風力によるものがより多くなるとしています。最近のCoinDeskの調査レポートによると、2018年に28%だったビットコインマイニングエネルギーのうち、2019年には39%が再生可能エネルギーで賄われており、このプロセスが進行している可能性を示唆しています。

暗号資産市場への参入者は、環境への影響という問題に取り組まなければなりません。

個人消費者から大規模な金融機関まで、暗号資産に投資する人は誰でも、環境への影響という問題に取り組まなければなりません。彼らにとって重要なのは、現在のエネルギー消費レベルだけでなく、将来の出来事がその軌跡にどのような影響を与えるか、そしてそのエネルギーが将来的に再生可能な資源から得られるかどうかを念頭に置くことです。

ある時点で、暗号資産の投資家やマイナーは、環境に配慮する以外の選択肢がなくなるかもしれません。CryptocurrencyのレポーターであるDaniel Kuhnは、CoinDeskの最近の記事でこのことを取り上げ、将来的な規制によって投資家が再生可能エネルギーでマイニングされた暗号資産のみを購入するようになる可能性を探りました。これが現実となりつつあるケースも現れています。ニューヨーク州上院に提出された新しい法案は、州が環境への影響を評価するまで、暗号資産のマイニングセンターの運営を禁止しようとしています。

Kuhn氏は、これは「言うは易し、行うは難し」だと主張しています。例えば、ブロックチェーン分析を利用すれば、理論的にはコインの経路を追跡し、環境に配慮したマイナーからのコインであることを確認できますが、暗号資産は、通常は取引所などのサービスを経由しており、さまざまなサービスの暗号資産が混ざり合って保管されているため、暗号資産の元の出所を特定することはできません。また、新しい暗号資産の大半をマイニングするマイニングプールは、通常、世界中の複数のマイナーがそれぞれの計算機資源を利用しているため、すべてのマイナーが自然エネルギーを利用しているかどうかを確認することは困難です。

しかし、おそらく市場は、より環境に優しい資源からマイニングされたビットコインを好むようになるでしょう。特に機関投資家が「グリーン」なビットコインを求めていることを考えると、取引所はすでに行っているマイニングパートナーのコンプライアンスに関するデュー・デリジェンスを強化し、再生可能エネルギーを利用した運営を行うようになるかもしれません。このような買い手にサービスを提供する取引所と、取引所に流動性を提供するマイニング事業者の両方にとって、環境に配慮した運営と管理を展開することは、競争上の優位性となる可能性があります。

Chainalysisは、暗号資産のエネルギー使用に対する批判を真摯に受け止め、これらの問題に対処するための説得力のある解決策があると信じています。投資家は、最終的には自分自身で調査を行い、グリーンエネルギーや暗号資産業界の専門家に相談しながら、今後の方針を決定する必要があります。

Read the Full Report

To see our full research on this topic, sign up to receive access to the complete Chainalysis Crypto Crime Report: Decoding hacks, darknet markets, and scams.

Get Access to the Report

Learn more about KYT for Stablecoins & Token Issuers

Monitor transactions across the token’s full lifecycle, from issuance to redemption—and any transaction in between.

Learn More
Thank you! We'll be in touch shortly.
Oops! Something went wrong while submitting the form.
Thank you! We'll be in touch shortly.
Oops! Something went wrong while submitting the form.

We’re growing! Check out our 25+ open roles >

Thank you! We'll be in touch shortly.
Oops! Something went wrong while submitting the form.
Oops! Something went wrong while submitting the form.
Please check your mailbox for a copy of the report.
Oops! Something went wrong while submitting the form.
Next article

Chainalysis Team

Watch Our Exclusive Webinar

Jan 31, 12PM ET

Chainalysis senior economist, Kim Grauer, answers audience questions on our latest research in a recorded webinar.

Watch Recording